ストレス診断で病気を予防|医療機関ナビゲーション

2人の医師

精神的につらいなら

塞ぎ込む男性

簡単に確かめよう

現代は、ストレス社会と呼ばれるほど人間関係などで大変つらい思いをすることも多いでしょう。自分で自分を追い込んでしまうこともあるかもしれません。そんな時代だから、ストレスチェックが義務化されました。年に1回行われることになりました。どのような診断結果が出るのかによってその後の対応が変わってきます。特に問題がなければ何もありません。しかし、高ストレスと診断されれば、医師と面談することになります。そして、適切な治療が必要な場合は治療するというわけです。これまでは、このような制度がなかったために、心の病が見過ごされていたことがとても多かったのではないでしょうか。しかし、制度があることで自分からかなり強いストレスを感じていても我慢していた人が、この診断によって早めに適切な治療を受けることができるようになります。ただし、従業員数50人未満の企業は、努力義務なので必ずしも実施されるとは限りません。少しでも多くの企業が導入することで、心の病に苦しんでいる人を助けることができるようになるでしょう。また、ストレス診断を企業で行っていなかったとしても、自分なりにチェックすることはできます。チェックシートなどを自分で探して見るのも良いかもしれません。

工夫して気分転換

企業のストレスチェックや自分なりに診断してみて、かなりストレスが高いと結果が出たら、時間を見つけて気分転換してみませんか。あまりにもつらい症状が強くなってしまってからでは気分転換すら難しくなってしまいます。そうなる前の状態なら、好きなことに没頭する時間を少しでも作ったほうが良いです。特に趣味がないなら、教室などに通って仲間を作るのもいいでしょう。なんでも話せる人を作ることで、つらい症状を緩和することができるはずです。人見知りしてしまう人でも、教室であれば人と触れ合いやすいので良いかもしれません。また、体をなるべく動かすようにしたほうが良いです。軽い運動で構いません。簡単にできる散歩なんていいでしょう。あまり普段歩かない道を歩くことで新しい発見をしましょう。これだけでも気分転換になるはずです。決して難しいことではないので、手軽に取り入れてみませんか。これらをどうしてもやろうと思わないところまで行ったのならば、医師に診てもらったほうが良いです。企業でストレスチェックを行っていない場合は、自分から医療機関を受診しましょう。自分からとなると難しいかもしれませんが、通いやすい医療機関がきっとあるのでちょっと探してみてください。

体調の変化に気づく

男性医師

ストレスの診断は、まずセルフチェックをしてみて自分がどれぐらいストレスを溜めているのか確認します。結果が気にならないようなものでも、心が不調になっていることがあります。舌には心の不調が表れやすいので、舌の状態を確認することで心の状態を知ることも出来ます。

View Detail

早目の受診が大切です

相談

人間の体は、ストレスにより心身に何らかの異変をきたします。こういった異変が現れた場合には、精神科や心療内科等の専門の医師の診断を仰ぐ必要があります。そして適切な治療を進めていく事で、症状が少しずつ改善されるようになります。

View Detail

環境と心身の健康

下を向く女性

ストレスはさまざまな病気の原因になりますが、人間にとって適度なストレスはむしろ必要なものです。過度なストレスにさらされ心身への負担が限界値を超えることで、健康のバランスが崩れるのです。心療内科や精神科で心の状態を診断してもらえば、心身の崩れたバランスを取り戻すことにつながります。

View Detail

疲れを感じたときの対処法

診察

ストレスを個人でも簡単にチェックする方法があります。ストレスは目に見ることができないため、直近の自分の生活状態を振り返って考えてみる事が大切です。過度な労働をしていないか、あるいは怒りっぽくなったり、落ち込みすぎたりしていないかといった点について診断してみる必要があります。

View Detail