ストレス診断で病気を予防|医療機関ナビゲーション

女の人

早目の受診が大切です

相談

年々増加しています

日本は現在ストレス社会と呼ばれる程、多くの方が何らかのストレスを感じるようになりました。特に社会人の方が職場での強いストレスを受け、何らかの症状が体に現れる方が増加してきています。職場の上司や人間関係、無理な労働等によって、体がサインを出すようになるのです。特に真面目で責任感が強い方は、一生懸命自分で何とかしようと試みるケースが少なくありません。しかし、自分のキャパシティを超えてしまった際に、気持ちや体に異変が現れてしまうのです。そのため、自分がストレスによりうつ病等を発症してしまった事に気付くのが遅くなるケースも多くあります。心身に何らかの変化や症状が現れた場合には、必ず無理をせず病院を受診し、診断を仰ぐ事が大切です。精神科や心療内科等で診察を受ける事が出来ます。きちんとした診断を受け、治療が必要となった場合には、治療を最優先に行わなければ症状が悪化してしまう可能性もあります。長期に渡り治療や休養が必要と診断された場合には、会社に提出するための診断書等を書いてもらう場合もあります。この診断書を提出する事で会社も社員の病状を深刻にとらえる事が出来るのです。特に真面目な方は、自分から上司に今の自分の状態を説明する事に抵抗を持ちます。そのため、この診断書が有効な物となり、安心して治す事が出来るのです。このような診断書を提出し、治療を行いながら社会で働く方は今ではとても多く、会社によっては専属のカウンセラーを常勤させているところも見られるようになりました。

予約が出来ます

最近、精神科や心療内科を受診する患者さんが急激に増加傾向にあります。この背景には、多くのストレスを抱え込む方が増加しているという事が考えられます。年齢層を問わず、強いストレスを感じる事により、体に何らかの異変が生じるのです。その症状は人によって異なり、軽度の方から重度の方まで幅広く見られます。軽度であれば、出来るだけ休養し薬などを上手に服用しながら生活していく事で少しずつ改善されます。また重度の症状が出てしまった方であれば、定期的なカウンセリングや服用治療、休養等経過観察しながら慎重に行っていく事で改善していくようになります。しかし、症状が重ければ重い程、治療期間が長期間になってしまいます。そのため、出来るだけ早目に専門の病院を受診する方が増加しているのです。強いストレスを感じている事が原因でうつ病等を発症している方にとって、病院の待ち時間が長いというのはさらなるストレスになってしまいます。そのため、最近人気の病院では予約制を導入しているところも多く見られるようになりました。インターネットやスマホ等で予め順番をとっておき、その時間に来院することで診察を受ける事が出来るというシステムです。診察により多少の待ち時間が出る場合もありますが、長時間同じ場所にいなければならないという事がないので、ストレスなく来院が出来るのです。こういったシステムの病院やクリニックは口コミ等でも人気が広まり、今よりもさらに多くの患者さんが来院されると見込まれています。