ストレス診断で病気を予防|医療機関ナビゲーション

女の人

体調の変化に気づく

男性医師

舌も指標の一つ

ストレスの診断は、会社で設けているチェックシートやメンタルクリニックや心療内科がそれぞれのホームページで設けているページでも簡単に出来ます。当てはまる項目が多ければストレスがその分溜まっていることを示している診断が多いです。自分でセルフチェックできるストレス診断は、一つの目安なのでどのぐらいストレスがあるのかは舌の状態を見ることで診断することも出来ます。舌は第二の心臓と言われるほど、体の不調が出やすい部位です。病気のレベルや進行具合を判断するためにも実際に医療機関でも舌を見ることは多いです。舌には、心理的なストレスが表れやすいと言われています。心身に何かトラブルがある時は、舌にも何かしら異常が表れます。健康な舌であれば、全体的に血色の良いピンク色をしていて、真ん中が少し白っぽくなっています。舌の奥の方は、腎臓に、左右は肝臓や胆嚢に、舌の真ん中は胃腸に作用していて、舌先は心に作用していると言われています。舌先が赤く腫れていたり、口内炎などが出来やすいのであれば心の調子が乱れていることが多いです。ストレスは自分で溜まっていないと思っていても、実は溜まっていることがあります。自分で出来るセルフチェックの一つに、舌の状態を確認する項目も増やすべきです。

心理テスト

ストレス診断の方法の一つに、心理テストをもとにした診断方法があります。心療内科など専門機関で使われる心理テストをもとに、多くのアンケート調査や対面式心理テストを実践しながら改良されたプログラムのことです。統計学と心理学を掛け合わせることで、本質的な性格から隠れた性格なども明らかにすることが出来ます。その為、自分を客観視することが出来、生活の中で生まれるストレスに対処出来るようにしたものです。ストレスが溜まる人は、自分でなぜストレスが溜まるのか、ストレスをどう対処するか分からない人が多いです。自分では、平気だと思っていても小さなストレスが溜まっているとある日不満が爆発してしまうのは自覚できているストレス以外にも感じているものがあるからです。診断テストをすることで、まず自分がどんな性格であるかということが把握できるようになります。その次に、どんなことでストレスを溜めやすいのかを知ることが出来ます。診断は一つの目安なので、テストしてみて特に気にするような結果でなくても、心は不調になっていることがあります。テストをすることで、自分の心がどんな状態であるかを確認してストレスが溜まっていることがわかれば、生活の中で改善できる対策をとっていく必要があります。