ストレス診断で病気を予防|医療機関ナビゲーション

女の人

疲れを感じたときの対処法

診察

過労は万病のもと

長引く深刻な不況が続いている中で、ストレスを感じやすい社会になってきています。こうした時世の中で過度なストレスを抱えて病気を引き起こしてしまう原因を作ってしまってしまう事もあります。例えば仕事の合間に育児をしなければならず、育児にかけるための時間が限られてしまってうまく休養を取ることができないといった場合もあります。また身内の介護が大変で常に介護される側の人に手間をかけていなければならず、思ったように仕事をする事ができないといった場合もあるでしょう。こうした状況を改善するためには仕事をただ続けていくだけではなく、できるだけ周囲の人と相談をしながら負担を軽減する工夫をする事も大切です。ストレスを軽減するためには、一番手軽な方法としては「休養」があります。しかしどのようなタイミングにおいてストレスが溜まっているかを診断するかについては、個人的な感覚ではなかなか判断が難しい場合があります。今ストレスを感じているかどうかについては身体的な不具合によっても現れてくる場合があるため、インターネット上に公開されている診断プログラムを活用して簡易ストレス診断をしてみましょう。ストレス診断プログラムによってストレス過多であった場合には、休養を作る工夫を心掛ける事も大切です。

過度な疲労からの不具合

ストレスが多くのしかかると時として人間の身体に不具合が生じてくる場合もあります。こうした不具合が重なってくるとうつ病や人格障害、統合失調症といった様々な病気や、病気に繋がる要素を引き起こしてしまいます。一度病的な身体不具合が生じてしまうと、自分の心を守ろうとする機能が働いてしまう事もあり極度の人間不信に陥ってしまうこともあります。このような状況になると個人で改善するのが少し難しくなってくるため、できるだけ早めの対処を行う事が重要なポイントになります。とはいえ、自分一人でストレスの状態を確認するのはなかなか難しいと感じている人も少なくはないでしょう。「自分の疲労感は、いずれ行動によって表される」という心理学的プロセスがあるため、こうしたプロセスを把握するのに一番有効的な方法があります。有効法としては身内や信頼できる友人と相談をする事が大切です。近しい関係の人は、普段の私生活を共にしている人であるため、自分について詳しい近況を知っている人という事になります。そのため自分のストレスの状態を一番詳しく知っている人と言い換える事もできるため、日常的に相談をする事が大切になります。疲労感が増すとどうしても人間はイライラしたり、行動がガサツになってしまうため、こうした部分について周囲から指摘があったら少し生活を振り返って考えてみる事も大切になります。